ガーデンの小物「枝柵」

駐車場側の植え込みが低いので、車の乗り入れや歩行者のショートカットがありました・・・そこで急遽、オリジナルフェンス(枝柵)をつくりました。しっかりした木枝(長さ0.5〜2.0m)を湾曲させ地面に差し込みます。けっして同じ大きさ、同じ高さにしてはいけません。あくまでも不揃いの素材を活かした自然な雰囲気が大切です!次に補強のために交差部をシュロ縄か麻縄で結束しました。これ以上の装飾はだめです。地元にある素材を、少し手を加えるだけです。これはイギリスで見た(英国人はこんな工夫がとても上手です)フェンスの応用版です。こんどガーデンハウスで作りましょう。(K)

コメントは受け付けていません。