2009年4月 のアーカイブ

お花畑を作る

2009年4月18日 土曜日





停車場ガーデンの一番奥になにも植栽がされていない場所があります。(ここは将来、懐古園への連絡通路の出入口が計画されています)ここを一面お花畑にしようと思います。オープニング式典の前にガールスカウトの皆さんの協力で草花の種を蒔きました。写真上より:1)全員で記念写真(左より、中村、和久井、ガールスカウトの皆さん、河合) 2)停車場ガーデンのガーデントーク(ガイドは和久井さん) 3)土に20種類以上の草花の種を混ぜます 4)一列に並んで種を蒔きます 5)みんなで蒔いた種からどんな花が咲くか楽しみです。
この場所に種播きが終わって初めて停車場ガーデンの始まりです。秋には花の収穫をしましょう。(K)

ガーデンの小物「アイアンフレーム」

2009年4月17日 金曜日



これは、「香りのベンチ」の後ろにある「アイアンフレーム」(ロートアイアン製)です。ベンチに座った時にすっぽりと体を包んでくれる様な形です。これは、遊夢工房の上野純さん(鉄の造形家)からのプレゼントです。よく見ると、てっぺんのとんがりは植物の蕾・花、そしてフレームのつなぎの部分はツルのような柔らかな形をしています。僕たちはここにバラを這わせようと考えています。ベンチのカモミールとフレームのバラの香りが楽しみです。上野さん、ありがとうございました。

ガーデンの小物「オベリスク」

2009年4月17日 金曜日

停車場ガーデンには、オリジナルの小物がいくつもあります。このとんがり「オベリスク」は、植物が絡まるためのフレームですが、普段は「添景」として庭の風景のポイントとなります。この色は、ガーデンライトカバー、プラントボックス、ネームプレートなどと同じカラーコーディネイトをしています。いわばこの庭のイメージカラーと言えます。

ガーデンの小物「植物ラベル(樹木用)」

2009年4月17日 金曜日


こちらのラベルは、樹木用(中高木類、低灌木類)トールペインティングの中嶋さんとイラストレーターの高橋さん全部で50種類、すべて「和名・学名・科名」を手書きでお願いしました。これは大変な仕事です。出来上がったものを見るとほんとうによくて樹々に付けると、手書きの柔らかさがとても馴染んでいます。

パラソルを張る

2009年4月17日 金曜日

ガーデンテラスにパラソルを張りました。布地の色はアイボリー。柱(木製ポール)の長さを20cm切りました。わずか20cmですがガーデンハウスの軒高とのバランス、座った時の落ち着き感がこれでずっと良くなりました。

オープン日前夜

2009年4月17日 金曜日

オープニング日の前夜、まだまだやる事があります。学園祭の前日にも似た雰囲気があります。

ガーデンの小物「植物ラベル(宿根草用)」

2009年4月16日 木曜日

植物ラベル(名札)を作りました。「和名・学名・科名」を書いています。ラミネート加工した後、裏側に脚を付けてそれぞれの植物の前に設置します。全部で約300種類・・・さて全部つけることが出来るかな?ちなみにこのラミネート製のラベルの耐候期間(耐用年数)は、約一年です。3年も5年も保たない所が売りです。一年後には、草花の生育に合せて作り替えます。(K)