‘オープンまで/庭づくり’ カテゴリーのアーカイブ

庭いじりの道具

2009年4月14日 火曜日

庭いじりには、良い道具が必要です。出来れば一生使いたくなるほど良いもの。でも良い道具は買うばかりではありません。必要に応じて作りましょう。写真はマルチング作業で使っていた道具、これは洗剤やサラダオイル(お酒もあるかな)などのプラスチック容器の底の部分を切ったもの。取っ手がついているので使いやすいです。作り方のコツは、取っ手を上にした時に下側を少し長くなる様に切っておきましょう。そしてとんがらない様に移植ゴテの先の様にすこし丸みを持たせます。(尖っていると少々危険、それに弱くなります)これがあれば植木鉢の細かな所に土を入れる事も簡単です。キャップを付けておけば後の水やりも簡単に出来ます。シャンプーの容器(だ円形のが使いやすい)も手ごろでいいです。自分の手の大きさにあったもので一個作っておけば重宝する事間違いなし!見た目が少々悪いのが欠点か?(K)

テラスのベンチを造る

2009年4月13日 月曜日




ガーデンテラスにオリジナルベンチを造りました。(W)
写真(上):このような大人数の休憩に対応できそうです。(ボランティアのお嬢様たちと)
写真(2番目):一辺が2m.の大型ベンチ2基です。テラスのコーナーに設置。角にはテラコッタの角鉢を置きラベンダーを植える予定。大工の至くんが仕上げてくれました。
写真(3番目):エコ塗料のメープルを他のテーブルの色に合わせて使いました。
写真(下):これからテラスのベンチを作ります。まず脚からです。

マルチングのメリット・デメリット

2009年4月12日 日曜日

宿根草を植えた場所にバーク堆肥のマルチング作業(ボランティアのみなさん)を行ないました。
植栽直後は苗の根が周辺の土になじんでいないため,乾燥や雑草といった環境要因に弱い時期にあたります.そこで植栽後にバーク堆肥や稲ワラを苗のまわりに敷き詰めることを「マルチング」と言います。その効用は・・・1)雑草発生を抑制、2)土壌の乾燥や地表の高温化を抑制、3)雨滴による表層土の侵食と流亡を防止・・などです。しかし、必ずしもマルチングが良いかというと、こんなデメリットも最近あります。マルチングをすると(特に秋に)、昆虫がマルチングの間に入り込み越冬をします。彼らにとってこの上ない暖かな越冬場所です。もちろんその昆虫の中には、植物を食い荒らす種類(これを人間は害虫と呼んでいます)もいます。都内では、ケヤキの葉をたべる「ニレハムシ」がこれにあたります。雑草発生を抑制するためにマルチングをしたために逆にニレハムシの越冬率が高くなり食害が増えたのです。では薬剤散布はどうか? いやいやこれもけっしてデメリットも少なくありません。(むしろマイナス面が多いのです)やっぱり公園や庭の手入れは、必ず人の手が必要ということが判ります。英国では、植物が成長する為に大切なものを「太陽の光、天からの水、そして人の足音」と言います。この「足音」こそが植物が欲していることを知るために必要なことなんです。(K)

4月9日 ウエルカムガーデンを造る(7)

2009年4月10日 金曜日

ウエルカムガーデンの花井戸、停車場ガーデンのサインボードの完成が待ちきれずに花植え。ここだけは
花期の長い一年草を使って華やかにしました。(W)

ハンギングバスケットを作る

2009年4月9日 木曜日


ハンギングバスケットを作りました。ガーデン&ファニチャーズの長谷川さんがお手伝いにきてくれました。1ヶ月もすれば豪華なバスケットになるはずであります(白を基調にまとめてみました)。(W)

ガーデンの小物「枝柵」

2009年4月6日 月曜日

駐車場側の植え込みが低いので、車の乗り入れや歩行者のショートカットがありました・・・そこで急遽、オリジナルフェンス(枝柵)をつくりました。しっかりした木枝(長さ0.5〜2.0m)を湾曲させ地面に差し込みます。けっして同じ大きさ、同じ高さにしてはいけません。あくまでも不揃いの素材を活かした自然な雰囲気が大切です!次に補強のために交差部をシュロ縄か麻縄で結束しました。これ以上の装飾はだめです。地元にある素材を、少し手を加えるだけです。これはイギリスで見た(英国人はこんな工夫がとても上手です)フェンスの応用版です。こんどガーデンハウスで作りましょう。(K)

4月5日の市民ガーデン

2009年4月6日 月曜日

草花の植え付けは無事終了しました。まだまだ冷え込みが断続的にあります。植えた苗はまだまだ赤ちゃん状態です。油断は出来ません。後片付けが少し残っています。ご寄付頂いた植物苗の植え込みもあります。(K)