お人形さんめぐり

2018年2月18日

2月も中旬、寒さももう少しでしょうが今朝も雪が少しつもり風が冷たいです。
小諸では第14回お人形さんめぐりが2月17日から3月4日まで行われ、本陣主屋でも吊るし雛やいろいろなお人形が展示されており作品展なども行われています。
せせらぎの丘には手作りした小諸宿の華が芝生と桜の木に約2000個飾られ、お人形さんめぐりの彩りになっています。


本陣主屋 冬は休館なのですがお人形さめぐり期間は開いています


色々なお人形さんが飾られています


吊るし雛の下にステンドグラスの作品が沢山展示されています


花くらぶの皆さんと芝生に小諸宿の華を飾りつけました


雪の中の小諸宿の華  お花畑のようです

ガーデンの植物の冬芽

寒い寒いと思っていますが植物たちは春に向かって少しずつ動いています。
ガーデンでは2月24日(土)に「冬芽の観察を楽しもう」 の講座があります。講師のお話を聞きながらガーデン内の植物を見て歩きます。思わぬ発見があったり春が近づいている事を感じることができます。参加費は大人200円で子供さんは(保護者同伴)無料になります。ご予約のうえお出掛け下さい。


ダンコウバイ 春一番に山の中で見る花です


アセビ  暖かくなるのを待って咲き始めます


梅も花芽がわかるようになってきています


せせらぎの丘で最初に咲くチョウジガマズミ

 

 

多肉植物フェアーが行われています

2018年1月28日

日本海側では大雪だそうですが小諸は雪はほとんどありません。ただ、最低気温が-10度以上の日が続き水道管が凍りついたり流しが凍ったりして大変です。
ガーデンのショップでは1月27より2月12日まで多肉植物フェアーが行われています。この期間中は普段置いていない大型の鉢物や珍しい種類もありますのでお出かけ下さい。


大きな鉢植えもあります


セッカしたカシミア バイオレット


2月10日に多肉植物の寄せ植え講座があります

 

 

大寒に入り寒い日が続きます

2018年1月21日

1月も下旬に入り寒い日が続きますが今のところ雪が降らないので助かっています。明日頃から雪との予報も出ているので大雪にならないように願っています。
庭に出てみるとスノードロップが寒さで花弁を傷めながら咲いています。スイセンの芽が顔を出しネコヤナギも花が膨らんできて春に向かっているのだと感じます。


スノードロップ  咲くにはまだ少し寒いのかも


スイセンの芽が顔を出してきました


ネコヤナギも花が顔をのぞかせてきました


フキノトウ

 

今年も一年よろしくお願いいたします

2018年1月7日

明けましておめでとうございます。スタッフ一同、皆様に楽しんでいただけるような庭になるように努力をしていきたいと思っております。本年もよろしくお願いいたします。
年が明けて一週間、天気は良いのですが風が冷たく外を歩いている人もまばらです。植物たちも連日の寒さにそれぞれの方法で耐え春を待っています。


手作りの門松で新年を迎えました


ローズマリー 外で冬を越すのが難しいのですがこの株は毎年大きくなっています


セダム 多肉植物は葉を赤くして冬越しするものが多いです。


デロスペルマ 葉を赤くして春を待ちます


センペルビュウム


このところ外で仕事をしているとオスのモズが近くまできます

一年間ありがとうございました

2017年12月24日

早いもので今年も一週間を残すだけになりました。年々一年が短く感じられるのは年齢を重ねたということでしょうか。
植物たちもほとんどのものが冬籠りに入りさみしくなりました。
先日花くらぶの皆さんと恒例になった門松を作りました。門松作りも皆さん手際が良くなりボランティアの作業時間内に見事な門松が出来上がりました。28日の大掃除後にカフエ入口に飾られます。
ガーデンは12月28日から1月4日までお休みになり1月5日から営業になります。
一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。


花くらぶの皆さんと作った門松です


ショップにて2月14日(日)まで和の縁起物と雛いろいろ展が行われます


1月27日(土)より2月12日(月)まで多肉植物フエアーが行われます


多肉植物フエアーの期間中は多数の多肉植物が販売されます。お出かけ下さい

寒い日が続きます

2017年12月17日

12月も中旬になり日本海側では例年にない積雪量だそうです。小諸は雪は少ないのですが寒い日が続いています。年々冬は寒く夏は暑く春秋の過ごしやすい季節が短くなっているような気がします。
ガーデンも先日花くらぶの皆さんとワラボッチを作りました。寒さに弱い植物を保護しながら庭の彩りになっていまます。

 


雪は少ないのですが寒さが厳しいです


ワラボッチでジンチョウゲやオガタマノキを保護しています


せせらぎの下の池にも薄氷が張っています


池の氷の無い陽だまりに色が変わり始めたフナたちがかたまっています


コメツガに今年はたくさんの実がつきました


デロスペルマの葉が赤くなって花壇の彩りになっています

 

 

 

 

 

 

まだ固い花芽が見えます

2017年11月26日

今年は雪が早いのか県内のスキー場はスキー場開きをしたところが多いようですし、遠くに見える北アルプスは裾の方まで真っ白に雪化粧をしていました。
寒くなりガーデンの樹木も落葉した後にまだ固いものの来年の花芽が見えてきています。小諸は冬が長くまだ先になる花の季節を待ち望んでいます。
庭は静かになりましたが、昨日からイルミネーションが点灯しました。


十月桜  暖かい年は年内に数輪咲くのですが今年は無理かな


春一番に花が咲くチョウジガマズミも蕾が顔を見せています


少し前まで赤い実をつけていたコブシも蕾がついて


ネコヤナギ


ダンコウバイ


寒さにも負けずかれんに咲いているクナウチア


プランターのビオラ 隙間に球根が植栽されていて春には素敵になるでしょう


昨日からイルミネーションが点灯しています。幸せの鐘を鳴らしてみてね