恵みの雨

2018年4月15日

今日は雨、乾燥していたので恵みの雨なのですが、これで桜の花も落ちてしまうでしょう。日曜日は晴れてほしかったのですがそんな都合よくはいきませんね。植物たちにとっては待ち焦がれていた雨ですから。
ガーデンではどのエリアでも花が見られるようになり柴も緑の芽が出てきてガーデンの一番良い季節になってきました。


ジュンベリー スイセン チューリップ テルテモモ 花盛りです


このエリアは次々と花が咲き花によって色が変わり素敵になります


早生種のリンゴ クラブアップルドルゴが咲きだしました


コブシが終わってモクレンが咲いています


ロックガーデンの原種系のチューリップ 人気者です


桜が終わるとツツジ類の出番です


雨でコモロヤエベニシダレの花びらが落ちています


野草園にはオキナグサが沢山ありそれが名前の由来の翁のようになっています


ミヤマオダマキ 日陰ツツジ オキナグサ


野草園も花盛り イカリソウ シャクナゲ アセビ ヒカゲツツジなど


せせらぎの流れ上の池の水芭蕉


流れに咲いているプリムラデンティキュラータ

満開の桜

2018年4月8日

今年の天候はちょっと変です。雨が長期間降らずカラカラ状態で気温の高い日が続いたので桜は例年より10日も早く満開になりました。
今朝は打って変わって雪が舞いとても寒い日になりました。
植物たちも先日の暖かさで次々と花が咲き新芽もふきだしたのにあまり気温が下がると心配です。


満開のソメイヨシノ


小諸八重紅枝垂に朝降った雪が着いていました


懐古園も桜が満開


ガーデンのメインツリーのコブシは満開カツラも新芽がでています


八重紅枝垂と水仙


シャクナゲが咲きだしました


山野草は春に花が咲くものが多いのですが今年は一度に咲きます


カタクリ


アミガサユリ


タンチョウソウ


原種系のチューリップ


西洋オキナグサ

 

急ぎ足の春です

2018年4月1日

暖かい日というより暑いくらいの日が続き春が急ぎ足でやってきました。
梅が咲きだしたと思ったら桜の便りも聞こえてきます。信州の春は一度にやって来ると言われますが今年はいつもより少し早く駆け足できました。


草花の芽が伸びてきて楽しみです


スイセンが咲きだしました


コブシ  今年は花を沢山つけました


ツルニチニチソウ


十月桜が可愛いです


サンシュユ


今年は少し剪定を強くしたので趣のある梅になりました


コモロヤエベニシダレ  もう少しで咲きます


ハナモモ  小諸では梅も桜も桃もわずかの違いで咲きます


クリスマスローズ  数か所に植栽されていますがどこも咲いています。


チオノドクサ

 

 

 

暖かくなりました

2018年3月18日

東京では桜の開花宣言が出たそうです。小諸はもう少し先ですが暖かくなりました。
学校が春休みに入ったので天気がよいと家族連れのお客様も多く子供さんの声が聞こえて癒されます。
この頃の暖かさで植物の芽や花も伸びてきています。もう少しの辛抱で花がいっぱいのガーデンになるでしょう。


ヒマラヤユキノシタ 冬の寒さで葉が傷んでいたのですが蕾が見えてきました


サンシュユ この頃の暖かさで開いてきました


フキノトウ


オキナグサ 野生では少なくなっているようですが野草園では増えています


チョウジガマズミ


原種系チューリップの蕾が見えてきました。

 

春の足音

2018年3月11日

3月も中旬に入りだいぶ暖かくなり公園内を歩いているお客様を多く見かけます。
庭を回ってみると各エリアで花が咲きはじめていたり新芽が顔を出していたりと春を感じさせてくれます。


スノードロップ  寒さが和らいで見ごろなりました


クリスマスローズ  数か所に植栽されています。次々と咲くことでしょう


フクジュソウ 増えないのですが毎年咲きます


ヒヤシンス だいぶ増えて咲きだしました


野草園のオキナグサ これからたくさん咲きます


オオイヌノフグリ 雑草として除草されることが多いが可愛い花です


せせらぎの下の池のフナずいぶん増えたました

ショップに春らしい花が入ったので紹介します。


ラナンキュラス  1ポット200円


寄せ植えのビオラ  1鉢350円


八重のオダマキ 花が終わったら地植えにすると毎年咲きます 1鉢380円


ゼラニューム  いろいろな色があり立派な株です  1鉢380円

 

 

 

お人形さんめぐり

2018年2月18日

2月も中旬、寒さももう少しでしょうが今朝も雪が少しつもり風が冷たいです。
小諸では第14回お人形さんめぐりが2月17日から3月4日まで行われ、本陣主屋でも吊るし雛やいろいろなお人形が展示されており作品展なども行われています。
せせらぎの丘には手作りした小諸宿の華が芝生と桜の木に約2000個飾られ、お人形さんめぐりの彩りになっています。


本陣主屋 冬は休館なのですがお人形さめぐり期間は開いています


色々なお人形さんが飾られています


吊るし雛の下にステンドグラスの作品が沢山展示されています


花くらぶの皆さんと芝生に小諸宿の華を飾りつけました


雪の中の小諸宿の華  お花畑のようです

ガーデンの植物の冬芽

寒い寒いと思っていますが植物たちは春に向かって少しずつ動いています。
ガーデンでは2月24日(土)に「冬芽の観察を楽しもう」 の講座があります。講師のお話を聞きながらガーデン内の植物を見て歩きます。思わぬ発見があったり春が近づいている事を感じることができます。参加費は大人200円で子供さんは(保護者同伴)無料になります。ご予約のうえお出掛け下さい。


ダンコウバイ 春一番に山の中で見る花です


アセビ  暖かくなるのを待って咲き始めます


梅も花芽がわかるようになってきています


せせらぎの丘で最初に咲くチョウジガマズミ

 

 

多肉植物フェアーが行われています

2018年1月28日

日本海側では大雪だそうですが小諸は雪はほとんどありません。ただ、最低気温が-10度以上の日が続き水道管が凍りついたり流しが凍ったりして大変です。
ガーデンのショップでは1月27より2月12日まで多肉植物フェアーが行われています。この期間中は普段置いていない大型の鉢物や珍しい種類もありますのでお出かけ下さい。


大きな鉢植えもあります


セッカしたカシミア バイオレット


2月10日に多肉植物の寄せ植え講座があります